スタイルで選ぶ葬儀

葬儀の種類を知ること

トップ

ブーケを持つ花嫁

葬儀の種類が増えてきています。 

葬儀スタイルや種類も時代の流れとともに変化しています。これまで身内が亡くなった際には葬儀会社に依頼してお通夜や告別式を通して火葬される場合が多かったですが、宗教にこだわりのない人や親族や身内がほとんどいない為、簡素な葬式を好む人、経済的な予算から出来る限りシンプルに行いたい人などの意向により、宗教的儀式を省いて火葬のみを行う「直葬」という種類が近年登場しており、利用者も増加傾向にあります。また、弔問客に対応してバタバタ過ごすよりも家族だけでゆっくりと故人を偲ぶ時間が欲しいと、親近者のみで行う家族葬も近年行う利用者も多いです。

色々な種類がある現代の葬儀 

葬儀には色々な種類があります。まず、主催するのが個人であるか会社であるかによって、個人葬と社葬に分かれます。また、どの宗教で行うかによっても、仏式、キリスト教式、神式と分かれます。それから、最近では葬儀をコンパクトに行う人が増えています。ごく親しい人たちだけで集まって行う家族葬や、お葬式を行わず火葬のみにする直葬などです。家族葬はたくさんの人を呼ばず身内だけで行うことで、ゆっくりと故人とのお別れをすることが出来るメリットがあります。直葬は、亡くなった方が高齢で知人や親族がほぼいない場合や、故人の意向、お葬式にお金をかけたくないなどの理由で選ばれることが多いようです。他にも、楽器の生演奏などを行い音楽を重視する方法の音楽葬などもあり、お葬式の多様化は今後もますます進みそうです。

葬儀のスタイルの情報

新着情報