葬儀とその考え方

宗教によって違う葬儀

トップ / 宗教によって違う葬儀

ブーケを持つ花嫁

死に対する考え方で葬儀も変わる 

宗教が違えば葬儀の仕方や手順にも違いが出てきます。なぜ違いが出るのかというと、それは生や死に対する考え方の違いがあるからです。仏教やキリスト教など宗教の数だけ生や死に対しての考え方があるし、同じ仏教でも宗派が違えば手順も少しずつ変わってきたりするので、葬儀の手順や仕方も変わります。ですので、故人の信仰を知らないまま勝手なことをしてしまうと、後になってから余計なトラブルを招く恐れがあり、最悪の場合はやり直さなくてはいけなくなる可能性も出てくるので、事前に正しい情報をきちんと把握したうえで行動する必要があります。

葬儀に備えて知っておきたい宗教 

身近な人の死は突然やってきて悲しみのなか葬儀を執り行わなければなりません。もし先祖代々がお世話になっている檀家寺があれば、まずは僧侶に連絡をとることが大事となります。ところが、宗教に慣れ親しんだ生活を送っていないと、故人および親族が、たとえば仏教の場合、どのような宗旨や宗派の僧侶が導師となるのかがわからないといった事態が生じます。昨今では葬祭業者が葬儀の進行を司るだけでなく、さまざまな宗旨や宗派の僧侶らと緊密な連携をとって遺族への橋渡し役となっています。たとえ何もわからない場合であったとしても、遺族のみの個人葬なども選択できます。

葬儀のスタイルの情報