葬儀を行う前の相談

慌てないで葬儀の準備を

トップ / 慌てないで葬儀の準備を

ブーケを持つ花嫁

葬儀会社で「事前相談」 

終活という言葉が登場してから、自分の最後をあらかじめ事前に準備しておこうという人が増えました。中でも葬儀においてはなかなか経験する事がない為、知識も乏しい人も多く、遺族に金銭的な面で負担をかけるかもと心配している人も少なくありません。多くの葬儀会社では「事前相談」という形で本人や遺族の意向に沿った葬式プランを提案、相談する事が出来ます。中には事前相談してくれた人には葬式代金の割引サービスを受ける事が出来たりと特典がつく事もあります。死後の話をするのは縁起が悪いと思う人は年々薄れてきており、むしろ知って準備をしておく事で慌てずに遺族側に負担をかけず、遺族側も安心して故人を送る事が出来ると思う人が増えています。

葬儀の準備は事前に行います 

葬儀は突然に起こるものです。大事な人が亡くなった後はなかなか気持ちの整理がつかないものですが、しっかりと事前に準備を行う必要があります。遺族でよく話し合って決めなければいけないことがいくつかあります。まず、喪主を決めなければいけません。喪主は、配偶者か子供になります。そして、葬儀の規模を決めななければいけません。規模については、生前故人の希望で盛大にせず、家族のみの家族葬にして欲しいなど希望が出ていたときは、希望に添うようにしましょう。また、予算から規模を決めても良いでしょう。その他、日程や式場なども決めなければいけません。

葬儀のスタイルの情報