葬儀マナーの基本

葬儀参列のマナーについて

トップ / 葬儀参列のマナーについて

葬儀のマナーのポイント 

急に葬儀の連絡がきた時に慌てないためのポイントをご紹介します。まず、服装は、男性は白無地のYシャツと黒の礼服。女性は全身が黒であれば着物でなくとも大丈夫です。お子様は制服があればそれを着用します。大事なのは、光るものや透ける素材など派手なものを身に着けないこと。また、革も殺生につながるためいけません。靴下やストッキング、ネクタイなども黒にすることをお忘れなく。持ち物として、袱紗に包んだ香典で、金額は故人との関係や地方の習慣により変動します。間違えないよう、お店では必ず「香典袋をください」と訊きましょう。

亡き人をしのべる葬儀を 

葬儀も最近は様々な形が出てきています。個人が自分の亡き後のことを考え、事細かに指定していることも多いようです。式の最中に流してもらいたい音楽や式の形態など、亡き人の個性が発揮されたと思われる式にも出会うことがあります。決まりきった葬儀よりも、このような故人の意思の尊重、個性を出すということによって、来場者に個人について偲んでもらいやすくなり、より意味の大きいものとなります。満足いく式のために、こうした工夫について対応してくれる業者を選ぶことも大切だといえるでしょう。

葬儀のスタイルの情報